越前焼の六具足「今庄(いまじょう)」

西町: 大井西町: 大井


 

まほろばシリーズ 越前焼の六具足「今庄(いまじょう)」のご紹介です。

 

越前焼は、福井県の丹生郡織田町・宮崎村を中心とした六古窯のひとつ。日本海の厳しい風雪に育まれ、地味ながらも力強さを内に秘めた焼き物です。特徴は、素朴な造形と生活に根ざした実用美。越前の陶土は焼成時にガラス質が溶けて粒子の隙間を埋めるため、水漏れがなくて実用性に秀でています。

 

小型の仏壇にセットしやすいミニサイズの六具足は、五具足+線香さしのセットです。茶色と白色を大胆に塗り分けることで、モダンな印象になっております。

 

【六具足「今庄」】

 

ガス窯で生産するのでバラツキは少ないとはいえ、職人による手作りのため、形状・サイズに誤差が生じます。同じように作っていても、一つの窯の中でも窯焼き毎に焼き上がりが異なるほか、土の色や釉薬も若干違いが出ます。

ギャラリーメモリア札幌西町では実際に展示中ですので、風合いを見にいらしてください。
スタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

 

お問い合せ先
ギャラリーメモリア札幌西町
北海道札幌市西区西町北7丁目1-7(無料駐車場6台分完備)
フリーダイヤル(0120)-10-4194